インプラントの効果~グラグラしない歯を補う~

院内

人工歯の固定力

院内

ホワイトニングの目的というのは、歯を綺麗に美しくするという美容的な目的である。インプラントも美容を目的としているが、それだけでは無く噛む時の感覚というのも重要なポイントだ。入れ歯やブリッジと違い、骨に人工歯を埋め込んであるため噛み応えに大きな差があるのである。歯科で抜けた歯の治療をする場合、ブリッジかインプラントで悩むという人は多い。しかし、将来的な事を考えて近年では人工歯の埋め込みをする人が増えているのである。この理由として、ブリッジの場合は健康な歯を削る必要があるというのが原因だ。抜けたはの左右の歯を削って人工歯をはめ込むため、健康な歯を削る必要があるのだ。さすがに、元気な歯を削るというのは勿体無いし抵抗があるという人も多い。また、ブリッジをかぶせた歯が、虫歯や事故などで抜けてしまう可能性も将来的にはある。そういった場合には、再び大きな範囲でブリッジをするか入れ歯をする事になるのだ。こうした理由のため、近年ではインプラントを利用して歯を整える人が増加しているのである。人工歯を固定するために活用されるインプラントはとても安定している。というのもチタンが使われていることが多いため、インプラントは強固といえる。インプラントそのものが強固というよりも固定の方法が安定しているためだ。というのもインプラントは歯茎に直接ねじ込むため、ぐらつかない。そのため、どうしてもぐらつかない人工歯を活用可能だといえる。